日々の思いを書き綴ってます

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2006/05/13(土)

北京故宮博物館展

20060514031740.jpg
女帝「西太后」とラストエンペラー「溥儀」をクローズアップ
映画やドラマで・・なんとなく想像できやすい世界だけに
その場面や歴史的背景を考えつつの生活ぶりが見え良かった。

「垂簾聴政の間」が復元されていたのにはとても感動。
幼い息子を皇帝にしたて、御簾の後から西太后さまが
摂政していたと言われるお部屋の様子です。こんな感じで
行われていたのか~と想像!とてもドキドキしました。

後は靴と男性の方に西太后さまが輿づかれている写真を
みた時ですかね~映画のシーンが凄く思い出されました。

衣装の刺繍の素晴らしさや宝飾の細かさ、中国らしい豪華さ
他にも自転車やメガネなど受け継がれてきたお話と一致し
そんなところがとても楽しかったです。それから美容の為に
「真珠」を処方されていた事にはへぇ~とビックリしました。

ただもっともっと見たいな~・・と少し物足りなさも感じて
しまいました。多分欲が深いだけです。ますます本場である
北京故宮博物館に行きたくなった!そう感じた展覧会でした。

あと一つ気になったのが音声ガイドを今回も利用したのですが
最初は凄く長くて・・途中聞き取れず正直しんどくなったり
音声ガイドがどの作品の事を言ってるのかわからなかったり・・
かと思えば途中からはほとんど展示されている説明文と同じで
短くて発見も少なくてえ~~~って思ってしまいました>m<
自分で調べなさいって言われりゃ~そのとおりです・・・・。
20060514031714.jpg
場所 美術館「えき」KYOTO(京都伊勢丹7F)
会期 4月28日~5月28日 (最終日5時閉館)
時間 午前10時~午後8時(入館締切は閉館30分前




2006/05/12(金)

大絵巻展

20060512224215.jpg
京都国立博物館で開催されている「大絵巻展」

凄い列で人気だったのが地獄草紙、餓鬼草紙のところ
餓鬼道は他人を妬んでばかりいてると行かされるそう・・
羨ましがりの私次はこの世界かぁ?と研究なんてしたり。

当時の色んな病気の絵がかかれている「病草紙」に興味
*霍乱(かくらん)‥嘔吐と下痢を繰り返す病
*息が臭い女‥美人の女房が他人に避けられる
*二形‥男女の器官がある病 の3作品がありました~
(ちなみに後期展示はまた違う草紙になるようです)

今回描写の違いよくわかりすごい楽しかったです。
人物を中心に描く源氏物語絵巻も素敵だけど
客観的に全体を現したような絵巻も素敵でした☆

パラパラ漫画を横に並べて書いた感じの「粉河寺縁起」
右から左の絵巻ですが、左から右に物が流れる様子が
描かれ逆に躍動感溢れる「信貴山縁起」
物語を知ればまたこれ楽しいでしょうね。
住吉物語を今度読んでみたいな~と思うてます。

「華厳宗祖師絵伝 義湘絵」などはハイビジョンで
物語を説明されていたりして、告白する絵などは
なんだかドキドキして入り込んで見れました。
「酒伝童子絵巻」などもハイビジョン映像で説明があり
画面で説明されると凄くわかりやすくて良かったです。

にしても絵はもちろんわかりやすいし彩色も綺麗に
残っているものも多数あって勿論かなり感動でしたが、
字の綺麗さにも圧巻です。本当に綺麗な字でした。

建物も文化財
会場 京都国立博物館
会期 4月22日~6月4日




2005/11/23(水)

岩倉実相院~床紅葉~

こちらはもとは天台宗の門前寺院であったそうですが今は単立寺院なのだそうです。天皇家・足利家ゆかりの寺院としても有名なお寺。そして何よりこちらを有名にしたのが磨き上げられた床に映る「床紅葉」こちらの名付け親は実は観光タクシーの運転手さんなんだとか。夏の緑の「床緑」もとても素敵です。
まずは石庭の紅葉から20051128005826.jpg

そして池泉回遊式庭園の紅葉
20051128011514.jpg

20051128011542.jpg

さて「床紅葉」ですが残念ながら撮影禁止でした。去年までは撮影も出来たのだそうですがテレビで放送されて以来たくさんの方が訪れ三脚なので柱を傷つけたり、フラッシュが襖絵に悪かったりで、そして正座をしてゆっくり眺めるのがとても素晴らしく見えるのですがなにしろたくさんの方がいらっしゃる為、混雑します。混雑防止の為にも撮影は禁止なんだそうです。でも何人か撮ってはる方がいてマイクで怒られてました。マイクで流れるとムードがぶち壊しなのでお願いだから写真撮らないで~と思いつつお寺の方は大変だな~思ってました。この日は紀宮さまのご結婚の際に話題になったボンボニエール展もありとても楽しんできました。
20051128012247.jpg





前のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。