日々の思いを書き綴ってます

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2006/10/28(土)

ルーヴル美術館展

20061029233211.jpg

京都市美術館
場所 京都市左京区岡崎公園内
電話 075-771-4107

「ルーヴル美術館展」
9月5日~11月5日 
時間 9時~17時 
観覧料は1300円


20061029233253.jpg
今年は彫刻!!しかもギリシャ系だったのもあり
行った事あるだけになんだかジーンって来ました
石の文化やはり凄い。しかも曲線美が素晴らしい
基本は絵画が好きだけど~いや~彫刻もいい!!

ポスターになっているほど素敵な上のものは
「アフロディテ」(通称 アルルのヴィーナス)
その隣「アレス」(通称 ボルゲーゼのアレス)
なんかはかなり惚れ惚れでした。見つめている内
恋してましたがブログには載せずにおきます(^_^;)

20061029233343.jpg
こちらの「ヴェールをかぶった女性頭部」
(通称 ソサンドラアフロディテ 又は アスパシア)
接合された作品とかで作品自体もヴェールに包まれた
そんな作品ですが、何故か私は凄~く惹かれず~っと
見ていました。他にもライオンの肉々しさも良かった

しかも展示の仕方が好きですね~前からも横からも
そして後からも作品が見えるように展示されている
物が多く館員の方も多く配置されていて~マナーの
悪いお客様にはすぐに飛んできて対応してましたわ

この日も入場制限が少し出ていましたが~私が見た
11時~14時頃は比較的すいていて制限も無く楽~に
見れて良かったです。お昼ごはん時ねらい目かも☆
スポンサーサイト


ちょんちょん

ルーブル美術館展、良いらしいですね?
実は僕も行こうと思い、相方と共に向かったのですが
あいにくその日は車の渋滞にかかり、
ついでに駐車場もどこも満車…。

次に行くとこがあったので(すぐ近く)
相方だけを美術館の前でおろし、
自分は用事の場所へ向かい、
相方が終わるであろう頃に戻る、
そんなコトをしてました。

機会があれば、ゆっくり見たいです。

2006/10/30(月) 07:57:05 | URL | [ 編集]
きたす

良かったですよ~☆今回は結構皆さん
行きたい!行く!言うてはりますね~♪

確かに車は厳しいですね~
観光シーズンの京都は特に。
週末はホテルもほぼ全滅らしいし‥。

機会があればいいのですけど・・
目録鑑賞会でもしますか(^_^;)

2006/11/01(水) 00:20:27 | URL | [ 編集]
ちょんちょん

目録鑑賞会??
目録って…?
でも、ルーブル関連なら見てみたいです☆

ってそんなん言ったら
きたすさんは本当に実現してくれそうで…

恐るべしその行動力!ですね(笑)

2006/11/01(水) 21:35:17 | URL | [ 編集]
きたす

目録って~~今回の展覧会の作品の
紹介してるカタログ?!みたいなもん

相方さんも買ってはるのでは??

買ってなかったらお持ちしますよ!(^^)!

2006/11/06(月) 11:27:54 | URL | [ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://panaes.blog7.fc2.com/tb.php/432-43e961f3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。